専称寺

梅福山・報恩院 専称寺。本尊は阿弥陀如来像。
およそ600年前の応永2年(1395年)の開山。
浄土宗名越派の総本山。勅願所。東北唯一の檀林として、伝宗伝戒道場が行われていた場所でもあります。
地元の方々からは「梅」のお寺として親しまれております。
約500本の紅梅・白梅があり、3月中旬に見ごろとなります。
東日本大震災の影響により、長期の災害復旧工事を行っております。(国指定重要文化財 総門:平成27年度完成 本堂:平成30年度完成予定)

国指定文化財:本堂・庫裏・総門
県指定文化財古文書:専勝寺文書(附)文書箱・授手印状箱
市指定文化財建造物:鐘楼堂
市指定文化財彫刻:木造聖観音菩薩立像
市指定文化財工芸品:黒漆塗金蒔絵葵紋几帳

寺院情報
寺院番号 08-010
山号 梅福山
院号 報恩院
寺号 専称寺
所在地 〒970-0106 福島県いわき市平山崎字梅福山5番地