寺伝によると、文治5年(1189)に源頼朝が父・源義朝の菩提を弔う為に創建された(鎌倉にあった)勝長寿院が、建永元年〔1206〕の台風による堂宇破損を機に現在地に移したとされる。鎌倉にあったときは大御堂などとも呼ばれ、現在でも地名として残っている。また、和田義盛の七阿弥陀堂の内の一つとして建てられたという説もあるが、運慶仏から発見された名さつの記載によると後者が有力であるとされる。鎌倉光明寺の資料によると建治元年(1275)に浄土宗4祖寂慧良暁上人(浄土宗大本山鎌倉光明寺2世)が移住し中興したため開山としている。天正19年(1591)徳川家康より朱印地3石を賜わった。火災や震災などによって幾度か堂宇が半壊しているが、いずれも再建されている。本尊である阿弥陀三尊と不動明王・毘沙門天は全て国指定重要文化財に指定されており、調査の結果、運慶が小仏師を率いて平(和田)義盛と芳縁小野氏が願主の下、造立したものであることが判明した。境内墓地には日本近代郵便制度を整えた前島密の墓がある。

行事・儀式・習い事
  • 写経会
  • その他習い事(書道)
参拝・拝観用駐車場
  • 普通車:20台
  • バス:4台
霊場・御朱印
  • 拝観可
  • 御朱印
対応言語
  • 外国語対応:可能(英語)
団体参拝受入
  • 団体参拝受入:可能
寺院情報
寺院番号 15-158
山号 金剛山
院号 勝長寿院
寺号 浄楽寺
所在地 〒240-0104 神奈川県横須賀市芦名二丁目30番5号
TEL 046-856-8622
FAX 046-856-8622
URL http://www.jorakuji-jodoshu.com/