西教寺

創建は平安時代で、当初は真言宗だったと伝えられる。鎌倉時代に地元の武将村上為頼公の帰依をうけ、浄土宗第三祖良忠上人を開基として、あらためて浄土宗寺院となる。
本尊阿弥陀如来は、鎌倉第三代執権北条泰時公が16才で夭逝した子息時胤の追善の為、造らせたもので当時の鎌倉仏師による名品であり、当山に伝わっている。
境内には高さ30メートルの大イチョウがあり、お寺のシンボルとなっている。

寺院情報
寺院番号 19-136
山号 天照山
院号 良忠院
寺号 西教寺
所在地 〒389-0606 長野県埴科郡坂城町上五明206
TEL 0268-82-2523
FAX 0268-82-2911