観音寺

室町時代、1570年、雪山によって開創され、江戸時代、宝暦年間(1751〜1763)に再建されたといわれております。
1978年、洛西観音霊場巡りが再興されました。

本尊、十一面観音座像
南北朝時代、第九十七代、南朝第二代・後村上天皇、第九十六代、南朝初代・後醍醐天皇の菩提を弔うため僧・舜悟に命じ仏師秀弁に造物させたと伝えられている。
像内部に残された胎内銘によると「文和四年(1355年)に常光寺(滋賀県甲賀市、臨済宗永源寺派)に奉安されてたとあり、その後、当寺に還されたといわれている。
この十一面観音座像は、京都府の重要文化財に指定されております。

寺院情報
寺院番号 29-311
寺号 観音寺
所在地 〒617-0832 京都府長岡京市東神足2丁目12番4号
TEL 075-956-4780
FAX 075-958-3366
E-Mail